-->
クルマを売るとき、さらに車の売買のさいもどちらも印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。印鑑証明とは、ある印鑑が実印として認められているということを証明するための書面です。印鑑証明書がなければその印鑑に関して実印であるかどうかが保証できません。高額な売買になる車の売却なのでどうしても実印が必要になることになりますがその時に印鑑証明というものが登場します。印鑑証明をつくるためにはまずは印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。登録する印は通称、実印と呼ばれ、この世に一つだけの判子でなくてはなりません。実印を準備して、お近くの役場の案内係に行けば印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録をしたハンコは実印として認められたということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、役場の窓口で、専用の用紙に必要項目を書いて印鑑登録カードを持参するだけでできます。他にも、自動交付機で印鑑証明書を交付する事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。そのためどんなに前の印鑑証明であろうがその効力はあるということになります。ですが、自動車売却の際は、効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。通常は有効期限の定めはないですが、車の売却のときには店側が必須となる有効期限を定めていますのでもしも愛車の売却を検討している場合は、用意しておくことが必要です。

Link

Copyright © 1997 www.trekkeryachts.com All Rights Reserved.