-->
子供が生後2ヶ月頃に、私は仕事に復帰しました。 育児休暇を取ろうと思っていましたが、取り方が分からずに、ただ勤め先の年金と保険料を仕事を休んでいた間もずっと支払っていました。 仕事を休み、支払いもしなければならなくて、だんだんと手持ちのお金がなくなってきました。 このままだといけないと思い、仕事に復帰しました。 子供は母に見てもらいました。 しかし仕事に復帰するや子供が突然高熱を出し、休まなければならない状況になりました。 仕事を休むとお給料が減ってしまいます。 お給料が少ないと、生活していくのが苦しかったです。 だから子供を病院に連れていってから仕事に行き、できるだけ残業はこなしていました。 その間は常に母が面倒を見てくれました。 遅い時は夜の11時ごろまで働きました。 生活の為とはいえ、子供に会えるのはほんの数時間だけでした。 毎日たった数時間しかわが子に会えないのは非常に辛かったです。 育児休暇の取得方法が分かったのは、それから2年後でした。 もっと早く知っていれば、私も子供も寂しい思いはしなかったと今でも思っています。

Link

Copyright © 1997 www.trekkeryachts.com All Rights Reserved.